オススメの書籍

私がこれまでに読んだ
ギャンブル依存関連書籍の中から
オススメの書籍を紹介しています。

やめられない ギャンブル地獄からの生還

ギャンブル依存症問題に精通された精神科医である帚木蓬生さんの著書です。
ギャンブル依存症の関連書籍は、精神科医の方、元依存症の方、元々パチンコ業界で働いていた方等の本に分けられるかと思いますが、私は個人的に、精神科医の方の書籍が最も力になってくれると感じました。
作中の医学的な知識の話を、自分の過去の経験と結びつけるように読んでいくと、非常に納得して読むことができるのです。
その分話も難しくなりがちですが、この本は序章に依存症の方の体験談を列挙していたりと、依存症についてよく知らないという方にも読みやすい構成になっています。
また依存症本人にとっても、その家族にとっても今自分たちに何が起こっているのかを包括的に理解できる内容となっています。
治療法としては自助団体や通院を進めていますが、その二点に関する内容が他の書籍に比べ充実しています。自助団体や通院に不安で踏み切れない方などは、
こちらの書籍でそれらがどういうものなのかを詳しく知ることができます。
その他にもたくさん良い書籍がございますが、依存症関連の書籍をもし一冊だけ読むとするならば、こちらの書籍がオススメです。