なぜハマる?ギャンブル依存症の原因 ドーパミンの分泌異常

私たちは何故パチンコ・競馬などのギャンブルにハマってしまうのでしょうか?
何故辞められなくなってしまうのでしょうか?
その答えは脳内麻薬「ドーパミン」の分泌異常にあります。

私たちが人間があらゆる行為をしようとするとき、その動機付けとなるのは「快感」です。生物に元々備わっている脳の報酬回路という部分が、ドーパミンを分泌することによって得られる快感こそが、何かを行う時の動機になっているのです。

 

生物が生存し繁殖していくには、食べ物・水・生殖行為等を報酬的な快感として感じられなければならないので、この機能はあらゆる生物に備わっています。
この報酬回路は非常に単純な構造の線虫にすら備わっていて、それを無効化するとその生物は食事をやめてしまうほど必要不可欠なものです。

 

しかし快楽を促すドーパミンは、必ずしも生存に関する行為のみに分泌されるわけではないのです。
人間の場合、学習、ダンス、オンラインゲーム等に没入している時も、ドーパミンは分泌されます。
そして私たちギャンブル依存症がギャンブルを行っている時にも、大量のドーパミンが分泌されます。
これがギャンブル依存症の原因なのです。

 

私たちは次の行動を決める時、無意識のうちに、過去に行われたその行為の快感の大きさと、要する努力やリスクを値踏みしながら、比較検討し決定しています。
ところが、ギャンブル依存症の脳内でギャンブル中に分泌されるドーパミンは、その他のあらゆる行為よりも突出して高くなってしまっています。その上ギャンブルは、大した努力をせずに手っ取り早く始めることのできる行為なのです。
他の行為よりも「圧倒的に気持ちよくて楽な」ギャンブルを繰り返し覚えてしまった脳は、無意識のうちに次の行動にギャンブルを選んでしまうようになります。

 

ギャンブル依存症でない方には分かりずらいかと思いますが、タバコが吸いたくなる感覚や、酷い時にはのどが渇く感覚にも似ています。「ギャンブルでも行こうかなぁ」という思考が泉のように湧いてくるのです。本人からすると「楽しいから行きたい」くらいの自然な思考としか実感できないのですが、その思考がわいてくる頻度は異常なものになっています。

 

そしてこうした生物の特性は、過去の生物実験からも判明しています。最も有名な実験は、ジェームズ・ミルナーとピーター・オールズによる実験です。二人の実験中の勘違いにより、脳の報酬回路に電気刺激を与える電極を差し込まれたラットの異常な行動が観測されました。ラットが特定の場所にいく時に刺激を与えてみると、ラットはその場所ばかりに執着するようになったのです。

 

そしてラット自身に自分の報酬回路を刺激するレバーを与えると、ラットは自分の脳を刺激するために、一時間に7000回ものペースでレバーを押し続けたのです。そしてそれらのラットは足に電流を流される懲罰を与えてもレバーを押し続け、育児放棄すらしてレバーに執着することが確認されたのです。レバーから引きはがしてやらないと餓死してしまうほどだったといいます。

 

このように、生物は快感があまりに大きすぎる行為を知ってしまうと、その行為ばかりに執着してしまう性質を持っています。これこそがギャンブル依存症の原因なのです。

そして私もこの特性の為に、数年間で4-500万円程度のお金をギャンブルにつぎ込み、それでも足らず借金まで作ってしまいました。

 

パチンコ・競馬・競艇等、ギャンブルの何が楽しいのか分からない、あんなものを快感に感じること自体がくだらない人間であることの証明なのだ、と言う主張をされる方も良くおられますが、その方はまだギャンブルが気持ち良いと感じる条件を満たしたこがないだけなのです。

 

依存症になってしまった人にとっても、これからなる可能性のある人にとっても、最も危険なのはギャンブルを甘く見ることです。ギャンブルは本当に優秀な人達によって、プレイヤーがドーパミンをたくさん分泌できるよう緻密に設計されています。そしてその芸術とも言えるシステムは、プレイヤーの偶然や繰り返しによって初めて機能します。

こうしたのギャンブルの怖さについては、また後日記事にします。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ にほんブログ村ランキング
↑一日一回ずつクリックして応援して頂けると幸いです!

この記事の投稿者 杉山友作

レンタルできるギャンブル依存症(回復済)
ギャンブル依存症のご相談や、ギャンブルに変わる
趣味の開拓等、一時間500円で駆けつけます。

もっと詳しく>>
日時を指定して申し込む メールで申し込む ラインで申し込む

レンタルのお申込はお電話でもお受けできます:080-4345-8909